銀行の審査に落ちる人

銀行の審査に落ちる人

仕事を持ち、ある程度の収入があれば銀行のカードローン審査に落ちることはまずありませんが、時に落ちてしまう人もいます。
銀行の審査に落ちる人の特徴は以下のようになります。

偽りの申告

少しでも自分を良く見せるために、ついつい年収を上乗せして申告したり、個人情報をごまかして記入したりしたくなるものです。
しかし、そんな簡単な偽りは銀行側にはすぐにばれてしまいます。
偽りの申告をするような人じゃ、銀行側も信用してお金を貸すことは出来ません。
「ちょっとだからいいや。」といった軽い気持ちで偽りの申告をすると、速攻審査に落とされてしまうので注意しましょう。

返済停滞の過去

過去にローンやクレジットでお金を借りた際に、返済が滞ってしまったり、返済不能になった過去がある場合は
まず銀行ローンの審査に通るのは難しいですね。銀行もちゃんと返してくれる人にだけお金を貸したいものですから。
ローンやクレジットだけでなく、携帯電話や公共料金の支払いが遅れたことがある場合も、審査に落とされることがあります。
うっかりやってしまいそうなミスですが気をつけましょう。

多社申し込み

どれか一つでも審査をクリアしようとして、いろいろな銀行や消費者金融に同時申し込みすると
審査に落とされる可能性が大きくなります。
同時にたくさんの銀行に申し込みをすると「お金に困っている」といった悪印象になってしまいます。いわゆる申込みブラックですね。
リストにブラック記録が残ってしまい後々ローンを組む際にも不利になってしまいます。