審査に落ちる意外な理由

審査に落ちる意外な理由

返済能力もありブラックでもないのに、ローン審査に落ちてしまう場合もあります。その理由が以下になります。

クレジットカードの持ちすぎ

クレジットカードにはキャッシング機能が付いています。
実際にはキャッシングを利用したことがなくても、審査ではキャッシングが付いているだけで借り入れとして見なされます。
クレジットカードをたくさん持っているという事は、キャッシング=借り入れが多いということになるんです。
便利なクレジットカードでも、たくさん持つことは止めましょう。

ホワイトすぎる人

多くの会社に同時にカード申し込みをしたり、返済滞納の履歴がある場合はブラックとなり審査を通ることは難しくなります。
しかし、反対にクレジットカードを使ったことも、ローンを組んだこともないホワイトな人も審査に落ちる場合があります。
クレジットカードを使ったこともなく、ローンも一切組んだことのないような、ホワイトすぎる人はかえって怪しいと思われてしまうんですね。
銀行カードローンの審査に通るためには、ある程度のクレジットやローンの利用実績があったほうが良いです。

国民健康保険加入者

日本国民は社会保険に入る義務があります。
社会保険には公務員対象の共済保険、サラリーマンなどの会社員とその家族が対象となる社会保険、
組合保険、自営業の人達が対象の国民健康保険があります。

 

この中でローン審査に落ちやすいのが国民健康保険加入者です。
収入の安定が保障されていない自営業の人や、フリーターが加入する保険なので信用性が低いです。
頑張って働いている自営業の人にとっては辛い現実ですよね。