銀行カードローンの注意点

銀行カードローンの注意点

上手く審査に通ったとしても、上手く利用しなければ大変なことになってしまいます。

 

銀行カードローンで陥りやすい失敗が「借りすぎてしまう」ということです。
消費者金融と違って、銀行カードローンには総量規制がありません。条件によっては多額のお金を借りることも可能です。
そうなると、どうしても気持ちが大きくなってしまい、必要以上にお金を借りてしまうことがあります。
「気が付いたら返済額がとんでもない金額になっていた・・・」なんてこともあります。

 

返済が滞ってしまったら、ブラックリストに確実に載ってしまい今後ローンを組むことが出来なくなってしまいます。
あくまでも返済できる範囲内のお金を借りるようにしましょう。

 

そしてもう一つ気をつけたいのが「リボ払い」です。
リボルビング払いにすると、どんなにお金を借りても毎月の返済額は一定となります。
一か月に高額の返済をしなくても済むので楽だと感じますね。
しかし、リボ払いは返済期間が長くなるほど、利子もどんどん高くなってしまいます。
毎月1万円の返済だからと安心してしまい借り入れ額を増やし続けると返済期間がどんどん延長されて、しまいには恐ろしいほどの利子が発生していることがあります。
リボ払いは便利ですが、返済状況が分かりにくくなるのであまりおススメ出来ません。

 

カードローンは審査に通った後からが本当のスタートです。
後々後悔しないために、自分の返せる範囲内のお金と返済方法をしっかりと把握してから借りるようにしましょう。